不用品処分 !!  京都でお探しなら   いつもおせわになっています !! 京都 不用品回収センターとくとく !!

 京都 不用品回収センター とくとくページ !!


京都を中心に親切丁寧をモット〜に活動しています。
English Version

トップページ エアコン 無料回収品 不用品処分 料金表 マップ お問い合わせ
パソコン用液晶モニター
故障して映らなくても処分できます。
液晶ディスプレイ(えきしょうディスプレイ、Liquid Crystal Display、LCD)は、表示のために液晶組成物を利用する表示装置をいう。多様な機器における表示装置、特に、数値や機器動作状態等の情報表示装置、映像などの画像表示装置として利用されており、デジタル化された電子機器の普及に伴い一般的な表示装置となっている。
デスクトップパソコン
OS・年式・性能どんなパソコンでもかまいません。壊れていてもかまいません。
初期には横型の筐体のものをデスクトップ、縦型の筐体のものをタワー(ミニタワー、マイクロタワー)と呼び、横型の場合はその上にCRTディスプレイをのせて使用していた。
ノートパソコン
OS・年式・性能どんなパソコンでもかまいません。壊れていてもかまいません。
ノートパソコン(ノート型パーソナルコンピュータ、ノートPC、英: laptop computer, notebook computer, notepad computer, etc)は、モニタなどの表示画面、キーボードやポインティングデバイスなどの入力装置、バッテリー(電池)などがコンピュータ本体と一体化された、ユーザーが任意の場所へ移動させて利用する(持ち運ぶ)ことを前提として設計された、軽量のパーソナルコンピュータの総称である。
ワープロ
故障していて映らなくてもかまいません。年式や大きさも問いません。
文章を入力し、活字で印字するシステムとして、欧文を用いる地域ではタイプライターが利用されていた。日本語ではアルファベットだけでなくかなや漢字も使うため、欧文タイプライターのように個別のキーの押下が印字ヘッドの運動に変換される機構では文字数が不足であった。日本語用の和文タイプも存在したが、1000以上の文字が並んだ盤面から目的の文字をひとつずつ検索して拾い上げる必要があり、操作方法が煩雑で熟練技能を必要とした。
プリンタ
インクジェット、レーザー、ドットインパクトなどのプリンタ壊れていても可,年式や大きさも問いません。
プリンターは、コンピュータやワードプロセッサからの情報出力装置として古くから利用されてきた。用途に応じて多種多様な方式がある(本稿下記参照)。インパクト方式とノンインパクト方式があり、かつてはインパクト方式であるドットインパクトプリンターが主流であったが、1980年代から90年代を境にノンインパクト方式であるインクジェットプリンターやレーザープリンターなどが台頭、2008年現在ではパソコン用プリンター出荷台数の3分の2がインクジェットプリンターである。
自作パソコン
OS・年式・性能どんなノートパソコンでもかまいません。壊れていてもかまいません。
大手メーカーなどが製造するメーカーブランドのものと対比する意味で、自作パソコンと呼ばれる。 同じ予算でも自分の要求する機能・性能に応じてパーツを選択し、性能を高めたい部分に投資し必要としない部分は削減するなど、適切に構成すれば無駄なくコストパフォーマンスに優れたパソコンができる。カスタマイズの自由度は最も高い。
スキャナ
一般的なスキャナからフィルムスキャナ、大型スキャナなど壊れていても可。
スキャナとは、走査(スキャニング)と呼ばれる動作を行い、センサを通して情報をビット単位に読み取る機械装置。 代表的なものとしては、コンピュータに画像情報を取り込むイメージスキャナ、人体や物質の断面を走査するCTスキャナ、バーコードを読み取るバーコードスキャナなどが挙げられる。資源探査衛星、気象衛星、惑星探査機にも各種のスキャナが装備されている。
ビデオデッキ
故障していて映らなくてもかまいません。年式や大きさも問いません。
ビデオテープレコーダの歴史は全般にわたってビデオテープへの記録の歴史である。アンペックスが最初に商業的に成功したビデオテープレコーダであるAmpex VRX-1000を1956年に発売した。これは2" Quadruplex フォーマットで2インチ(5.1cm)幅のテープを使用しており[1]、価格は当時50,000ドルで導入は大規模のテレビ局や大きな製作会社に限られた[2]。1963年、フィリップスがビジネス・国内ユーザー向けにEL3400 1"ヘリカルスキャンレコーダを、ソニーが最初のオープンリール式VTRであるPV-100をビジネス・医療・航空業界・教育用に発売した[3]。ソニーのCV-2000は1965年、最初に家庭用に発売された機種である[4]。アンペックスとRCAは1965年、独自仕様のオープンリール式モノクロVTRを1,000ドル以下で家庭用市場に続いた。 交換式ビデオカセットの開発は続き消費者向けではオープンリール式を置き換えた。4トラックオーディオカートリッジが1962年、コンパクトカセットとインスタマチックフィルムカートリッジが1963年、8トラックが1965年、そしてSuper 8が家庭用映画カートリッジとして1966年に発売された。
DVD・HDレコーダー
故障していて映らなくてもかまいません。年式や大きさも問いません。
次世代DVD(じせだいディーブイディー)とはDVDの次の世代の光ディスクの総称である。通常はBlu-ray Disc(BD)とHD DVDを指す。日本のメーカーを中心にアメリカの映画会社やパソコン会社などが両陣営に分かれて規格争いを繰り広げ、かつてのベータマックス・VHSによる家庭用VTRの規格競争を彷彿とさせていたが、東芝のHD DVD事業終息に伴い[1]事実上Blu-ray Discに規格統一が成された。
ステレオ
音が出なくても、壊れていても処分可能です。
ステレオ (stereo) は、音響工学ではステレオフォニック (stereophonic) の略語であり、左右2つのスピーカで音声を再生する方式のことである。広義には、ステレオフォニック再生のための音声信号を集音、録音、伝送、通信、放送、加工する技術全般、またはステレオフォニック再生のための音響再生装置(ステレオセット)を指す。
コンポ
音が出なくても、壊れていても処分可能です。
コンポーネントステレオ(component stereo outfit)は、ユーザーが好みの製品(レコードプレイヤー・アンプ・チューナー・スピーカーなど)を別々に購入し、その組み合わせによって構築したステレオセット(オーディオシステム)のことである。単に「コンポ」とも略称される(ただし、その略称は現在では「ミニコンポ」を指す場合が多い)。アンプをプリメインアンプでなく、プリアンプとパワーアンプを別々に購入あるいは自作したり、スピーカーをウーファー・スコーカー・トゥイーターなどの単体ユニットを別々に購入して自作の箱(エンクロージャー)に収めるマニアも存在する。 それぞれの機器は「単品コンポ(略称:単コン)」とも総称される。レコードプレーヤー・チューナー以外の入力装置(テープ・CD・ビデオなど)はデッキと呼ばれる。
ラジカセ
音が出なくても、壊れていても処分可能です。
CDラジカセ(パナソニック製・RX-DT701) 写真の機種は1980年代末期から1990年代中期にかけて一世を風靡したもの。 1980年代初頭に製造されたラジカセ(日本ビクター製)ラジオカセットレコーダーは一般的にラジカセとも呼ばれ、コンパクトカセットテープレコーダー(テレコ)にラジオチューナーを内蔵した音響機器である。その他にアンプとスピーカーを備える。 ほぼ全ての機種で持ち運びが出来ることを念頭としている(実質問題大きくて困難な機種もあるが)ため、乾電池駆動が可能で、上部に折りたたみ式の把っ手がついている。 ちなみに短縮形で「ラジカセ」と世間に呼ばせたのは音響機器メーカーのパイオニアで、「ラジカセ」を商標登録しようとしたが却下された。日本国外では「boombox」や「ghettoblaster」と呼ばれる。
パソコン関連機器
パソコン関連機器が対象となります。ケーブル類も対象となります。
 

   いつもお世話になっております。

  • お客様のお困りごとを迅速に解決致します。
  • よりよい暮らしのお手伝い。
  • 安心の暮らしをサポートします。
  • タンスや食器棚などの家具類の処います。
  • 京都を中心に家具や電化製品不用品回収いたします。
  • オフィースやご家庭から出る不用品回収しています。
  • 不用品回収処分遺品整理お任せ下さい。
  • ご家庭・事務所の不用品のことならご相談下さい。
  • 経験豊富なスタッフが親切に対応します。
Copyright © 2008 京都 不用品回収センターとくとく All rights reserved.
by 京都 不用品回収センターとくとく!!